日本の伝統的な下着、いわずとしれた『褌』を魔法の布「満月の布」を使用して作りました。

身につけてた瞬間から、この布から、でてくるパワーに圧倒されることでしょう。
その違いを実感していただけるはずです。
内蔵から暖まる感覚は今までにないと思います。

太陽と大地の自然エネルギーをカラダに纏うことで力がみなぎってくるはずです。すべてはつながっています。あなたのカラダから宇宙を通して得られる不思議な力は、あなたを愛の世界にいざないます。
そしてあなたが喜べば、あなたの魂も喜んでくれることでしょう。


陳腐ですが、具体的な商品の説明です。

デザインは定番の越中褌。
前垂れはもちろん紐まで『満月の布』から出来ています。

腰にあたる紐は肌への負担を軽くするために、一度紐を縫製してから、前垂れ部分の布で包み込んでいます。
そのため紐のカドが直接肌にあたらないため、激しい動きでも肌にこすれや違和感がないように工夫されています。
それはそれは何もつけていない感覚に襲われるはずです。
これこそが『満月の布』の本来の力です。

縫製に関しましては良質のオーガニックミシン糸を採用しています。
しかも頑丈に縫製するために、二本針縫製を採用しています。
このことにより1本目の糸が切れても二本目の糸で保持いたしますので丈夫な製品になります。
前垂れ部分のヨコの三つ折り部分も二本針縫製となっています。

ふんどしの仕様を一部変更いたしました。
ふんどし腰帯の幅を1.5cmから3cmへ。
ふんどし前垂れの端の切りっぱなしの仕様を、三つ巻縫製に仕様を変更しています。



そうそう、前垂れが長ければ自分で切ってもらっても良いですよ。
ヨコの縫製が二本針縫製ですので、ほつれの心配もそれほどありません。


-----------
まだふんどしは苦手という、未経験の方にちょっとご説明。
ふんどしは腰骨あたりで着用していただくと、締め付け感がなく、ずれにくいです。
ふんどしは太ももを締め付けませんので、血流の動きを阻害しません。
-----------

でもなかなか踏み切れない!!という方にひとつご提案です。

まず夜、寝る時に着用してください。
そこから徐々に慣れていくことも重要だと思います。

自分の話で恐縮ですが、ボクは夜はノーパン派だったんですが、最初はこのように夜に着用を開始してから、『満月の布』の力を感じて、すっかりふんどし派になってしまいました。というか最近は年中そうなんですが。。。。

こんな拙い文章で恐縮ですが
初めての方は是非お試し下さい。

------------------------
女性、男性とわず着用できます。


サイズ:前垂れ部分 幅約30cm、長さ約85cm。
    紐部 約3cm×約140cm。


ふんどしの締め方
1、尻に前垂れをあてがう。
2、紐を前側(横腰骨部分で結ぶとずれません。)で結い、前垂れをくぐらせる。
3、前垂れを垂らし、整えて完成!





素材  おおあさ60%(原材料中国産) 無農薬綿40%(原材料トルコ産)
糸から縫製まで、こだわりの日本製
●縫製糸はこだわりのオーガニックコットンのスーピマ糸
こだわりの日本製

化学物質過敏症の方は、包装袋についた化学物質を落とすために、ご使用前に一度湯通ししてください。天日干ししますと太陽のエネルギーがチャージされいつも快適にご使用いただけます。

※化学物質に過敏な方で、生地見本が必要の方はお申し出ください。郵送でお送りいたします。

【メール便対応】【お一人様三点まで】テラヘルツ528Hz【満月の布】 ふんどし(越中タイプ)前垂れ切りっぱなしバージョンM654【麻世】

M654

4,600円(税込5,060円)

購入数

商品レビュー

  • 40代
  • 女性
  • 2020/12/23 07:06:51
  • やはり夏こそふんどしだ。
  • 今年の夏は本当に暑かった。。。
    夏こそふんどし。早く気づけば良かった。

    暑くて汗が止まらない。下着が張り付いてしまいトイレでの上げおろし不能不快。
    そうだ!ふんどしがあるじゃないか!と気づくのがまぁ遅いこと。
    トイレでの着脱?こんなに簡単でいいの?という驚き。
    さらに冷房冷えの環境下でも、満月さんは、ほんわかの暖かさで下腹部守ってくれました。

    夜洗えば朝乾きますが、日中何度も着替えが必要でとても間に合いません。。。
    買っても良いですか?と在庫薄ではないことを確認し、久〜々に追加購入させていただきました。
    本当に今年の夏ほど、ふんどしの有り難みを感じたことはなかった。
    満月さん、ありがとう。長くて暑い夏、乗り切れました。
    そして「前垂れきりっぱなし」を見る度、カタにとらわれず自由でいいのだと、力みがとれ後押しされるような気がする不思議。