【国産野州麻】【まぼろ麻】 へその緒を縛る「麻の緒」(商標出願中)【安産祈願】asa803【メール便可】

お買い求めいただいた方々から
うれしいメッセージ 続々といただいています。


実際に手にして体験してみてください。
最高級品の野州麻の「まぼろ麻」を製作者一名で波動値が高く・高エネルギーの商品です。

当店の麻は自然のままの色のお品となります。

当商品は祓いや神事に使う麻ですので、純国産の野州麻にこだわって取り扱いさせて頂いています。
国内での生産者数が10件程と、極めて減少してしまい、生産量も大変少なくなっております。その為、価格がいちじるしく高騰しております。特に【まぼろ麻】はたった一人で種まきから収穫・精麻にするまでの行程をおこなっております。毎年約100キロしかできません。

何卒ご了承の上お買い求めくださいませ。

--------------------------------------


宮代町のホームページより

そして、いよいよ出産の日がやってきます。出産は「障子のさんが見えなくなったら生まれる」
「時計の針が見えなくなったら生まれる」「片足を棺桶に突っ込んでいる」などといわれ、まさに命がけでした。また出産は大量の出血をともなうことからケガレとされ、産のケガレ(血ブク)は死のケガレより(死ブク)より強いといわれました。特に産後21日目のトコアゲまでは「日に当たってはいけない」などさまざまな制約がありました。
町内では昭和40年代まで家庭分娩が広く行われていました。
出産は嫁ぎ先で行われることが多く、部屋は若夫婦の寝室である奥の部屋が多かったようです。
いよいよ出産が近づくと産婦は産後21日間、髪を洗ってはいけないので髪を洗い、そして麻ひもで髪を縛ります。麻は丈夫なので「丈夫な子を授かる」という願いが込められています。この麻ひもはお七夜の雪隠(せっちん)参りでオサゴを入れた半紙を縛ることに用いたりします。


店長より一言
かつて「へその緒は麻糸で縛られました、とか縛られたそうです。」など「麻」に関しての記述は全てが過去形ではありませんか?
なぜ過去形なのか?不思議には思いませんか?世界的に見直されている植物です。
日本国の国草にすべきという人もいるくらいなのに。

私たちは1999年より麻を一般的にする活動を行って来ました。
私は日本の伝統を私たちの手に取り戻したい、ただそれだけでございます。片寄りなく神道でもなくカルトでもなくオカルトでもなく。
多くの方にこの「麻の緒」が手にしていただくことを夢見ています。生命の誕生出産に麻が出会う、このリアルを夢見ています。過去形ではなく今を「麻」は生きています。

☆ご購入者のお声☆
販売価格 2,600円(税込2,860円)
型番 asa803

イチオシ

Recommend Product

麻の葉チャーム Accessory Parts 3個セット(簡易包装)【ゆうメール対応】
600円(税込660円)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

シゼンカイキ Web Shop by Yasue

Face BookFace Bookのページへ

ブログ更新がなかなか出来ませんので ぜひフェイスブックページもご覧ください。

営業カレンダー

2019年10月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2019年11月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
営業時間は昼12時から午後5時までとさせていただきます。