シゼンカイキ Web Shop【ShiZenKaiKi】/私たちは一万年前から、麻とともに生きてきました。

栃木県で栽培、生産された麻を野州麻(やしゅうあさ)といいます。
同県は質量ともに日本一の麻の生産地と?して知られています。野州麻は光沢があり、
薄くしなやかで、丈夫なのが特徴です。


野州麻販売ページ



 
細く真っ直ぐに伸びた麻。高さ2m60cm近くある。美しい。。。

5月に種が撒かれた野州麻は、100日後、真夏の時期に刈り取りをします。
日中の暑さを避けて、作業は比較的涼しい早朝から昼にかけて行われます。

古来から続く麻文化

 

 

「野州麻」と呼ばれるこの麻ですが、実はこの麻は「大麻」の一種です。
(ただし、もちろん品種改良され、毒性はありません。)

そのため、昭和23年(1948)の大麻取締法の制定により、
県内では17件の農家しか大麻の栽培が認めなくなってしまいました。

現在では、「大麻」という言葉に対するネガティブな印象があります。

しかし、もともと日本における麻は、古来より穢れを祓う神聖な力があるとされ、
野州麻は全国の神社の注連縄などに用いられてきたものなのです。
大相撲の横綱が付ける「横綱」にも、野州麻が使われています。

麻の実は食用として
繊維は衣料や縄、茅葺きの下地の建材利用、たいまつ、花火の炭と多種多様な
日本人には本当に必要なものでした。

麻は古来から、日本人の衣住そして食、あらゆるものに使える万能(ではないが)とまで言いたくなる植物。

日本人にとって切っても切れない植物なのだ。