【メール便対応】【お一人様三点まで】テラヘルツ528Hz【満月の布】 ふんどしショートバージョン(越中タイプ) スーツでも着用できる前垂れショートバージョン【麻世】

日本の伝統的な下着、いわずとしれた『褌』を魔法の布「満月の布」を使用して作りました。

身につけてた瞬間から、この布から、でてくるパワーに圧倒されることでしょう。
その違いを実感していただけるはずです。
内蔵から暖まる感覚は今までにないと思います。

太陽と大地の自然エネルギーをカラダに纏うことで力がみなぎってくるはずです。すべてはつながっています。あなたのカラダから宇宙を通して得られる不思議な力は、あなたを愛の世界にいざないます。
そしてあなたが喜べば、あなたの魂も喜んでくれることでしょう。


陳腐ですが、具体的な商品の説明です。

デザインは定番の越中褌。
前垂れはもちろん紐まで『満月の布』から出来ています。

腰にあたる紐は肌への負担を軽くするために、一度紐を縫製してから、前垂れ部分の布で包み込んでいます。
そのため紐のカドが直接肌にあたらないため、激しい動きでも肌にこすれや違和感がないように工夫されています。
それはそれは何もつけていない感覚に襲われるはずです。
これこそが『満月の布』の本来の力です。

縫製に関しましては良質のオーガニックミシン糸を採用しています。
しかも頑丈に縫製するために、二本針縫製を採用しています。
このことにより1本目の糸が切れても二本目の糸で保持いたしますので丈夫な製品になります。
前垂れ部分のヨコの三つ折り部分も二本針縫製となっています。

また、前垂れをの紐の反対側の部分、前垂れの端は意図的に三つ折り縫製していません。

切りっぱなしです。その理由は、切りっぱなしですと端の部分の糸から早く水分を放出します。ということは!!そう乾きが早いのです。旅していると替えの下着の数をどうしようか悩みますね。困りますよね。そんな時には、ふんどし2枚で十分なんです。ボクはそうしてます。乾きが早いのでかさばらなくて良いしカラダにも良い!!
よい事づくしです。

一度目の洗濯時にヨコ糸がでてきますが、その際はハサミで切って整えてください。以後は出てくることはなくなります。

生地に適度に張りがあるのでカラダにむやみにそわないのも魅力。肌と布の間に隙間を作ってくれますのでお肌にやさしいです。

そうそう、前垂れが長ければ自分で切ってもらっても良いですよ。
ヨコの縫製が二本針縫製ですので、ほつれの心配もそれほどありません。


-----------
まだふんどしは苦手という、未経験の方にちょっとご説明。
ふんどしは腰骨あたりで着用していただくと、締め付け感がなく、ずれにくいです。
ふんどしは太ももを締め付けませんので、血流の動きを阻害しません。
-----------

でもなかなか踏み切れない!!という方にひとつご提案です。

まず夜、寝る時に着用してください。
そこから徐々に慣れていくことも重要だと思います。

自分の話で恐縮ですが、ボクは夜はノーパン派だったんですが、最初はこのように夜に着用を開始してから、『満月の布』の力を感じて、すっかりふんどし派になってしまいました。というか最近は年中そうなんですが。。。。

こんな拙い文章で恐縮ですが
初めての方は是非お試し下さい。

------------------------
女性、男性とわず着用できます。


サイズ:前垂れ部分 幅約30cm、長さ約72cm。
    紐部 約1.2cm×約140cm。


ふんどしの締め方
1、尻に前垂れをあてがう。
2、紐を前側(横腰骨部分で結ぶとずれません。)で結い、前垂れをくぐらせる。
3、前垂れを垂らし、整えて完成!





素材  おおあさ60%(原材料中国産) 無農薬綿40%(原材料トルコ産)
糸から縫製まで、こだわりの日本製
●縫製糸はこだわりのオーガニックコットンのスーピマ糸
こだわりの日本製

化学物質過敏症の方は、包装袋についた化学物質を落とすために、ご使用前に一度湯通ししてください。天日干ししますと太陽のエネルギーがチャージされいつも快適にご使用いただけます。

※化学物質に過敏な方で、生地見本が必要の方はお申し出ください。郵送でお送りいたします。

販売価格 4,500円(税込4,860円)
型番 M654
在庫状況 ×在庫なし

イチオシ

Recommend Product

NO MORE NUKES USE HEMP ヘンプTグリーングラデバージョン【RENATURE】(リネーチャー)【麻世】
毎日脱原発、毎日脱ダムデモ気分でいこう!! 6,500円(税込7,020円)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

シゼンカイキ Web Shop by Yasue

Face BookFace Bookのページへ

ブログ更新がなかなか出来ませんので ぜひフェイスブックページもご覧ください。