天然本藍・ヘンプ素材のドレープカーディ本藍 Lea Lani(レアラニ) [ナチュラル・オーガニック]【麻世】

藍師による天然藍を使用した板締め染めの商品です。
なにがすごいのかいかにまとめました。

天然藍灰汁発酵建て
天然藍灰汁発酵建てとは、江戸時代に始まった日本独自の藍の染液を作る処方です。
化学薬品を一切使用せず、自然界からとれる原料のみを用い染色します。
原料は希少な徳島県の現存する藍師より賜われし、藍を使用しています。(現在では佐藤家、新居家、外山家、武知家、吉田家の5家の藍師のみで国産の藍を育てて江戸期の藍染めを保存し、後世につないでいます。)


板締め
古くから日本で行われてきた染色技法に、蝋纈(ろうけち)、夾纈(きょうけち)、纐纈(こうけち)があります。これらを総称して三纈(さんけち)と呼びます。
奈良時代の正倉院裂(ぎれ)は三纈で染色されていますが、夾纈(きょうけち)によって作られたもの、それが、板締め染色の代表格となります。板を二枚使い布を締めて染色します。板の形もさまざまで、その工房や職人の想いで板の形も様々なのです。非常に手間ひまかかるこの染色技法でできた妙をお楽しみください。

「安心・安全」
職人は皆さん素手で行っています。藍の液は強いアルカリ性ですが、
自然界の原料を使用している為体には害はありません。

       
「色が美しい」
化学染料では決して出すことのできない自然がもたらしてくれる深みのある色です。

「色落ちが少ない」
藍染=色落ちが激しいというイメージは合成藍(インディゴ)が作り出したものです。
天然藍は、お洗濯して水が青くなったとしても、その色が他の物に移ることはありません。蒸れや摩擦で色がつくことはありますが、水洗いできるものであればほどんどの場合落とすことができます。
合成藍と比べお洗濯を重ねても色の変化が少ないのも特徴です。



「環境にやさしい」
役目を終えた藍の液は、外に捨てても環境に害を与える事はありません。むしろ、良質な肥料になります。


*1枚1枚手染めの為、色のでかたや模様のでかたは多少違います。



素材:ヘンプ19%オーガニックコットン76%、スパン5%
身幅:88cm
着丈:73cm
肩幅:40cm
袖丈:53cm


【Lea Lani】(レアラニ)は、シンプルでナチュラルなライフスタイルを大切にする人向けに、自然素材の服を提案するブランドです。

気取らない自然素材と生かし、あくまでも着る人が主役になる服作り。心と体になじむ洋服で自分なりの表情が生まれる。

販売価格 25,000円(税込27,000円)
型番 LT-04-本藍(板締め染)
 
COLOR
Size

COLOR
Size
 
イチオシ

Recommend Product

【金の草履】まぼろ麻を100%使用した高波動体感装置【受注生産】
受注生産 9,000円(税込9,720円)

カテゴリーから探す

グループから探す

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

シゼンカイキ Web Shop by Yasue

Face BookFace Bookのページへ

ブログ更新がなかなか出来ませんので ぜひフェイスブックページもご覧ください。

営業カレンダー

2018年12月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
2019年1月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
営業時間は昼12時から午後5時までとさせていただきます。