1. ホーム
  2.  > 精麻と雑貨&食と美容(foods&Beauty)
  3.  > 食と美容(foods&Beauty)
  4.  > 【店長オススメ】日本製・インスリンの働きを増強させ血糖値を下げる作用の無農薬栽培の日本山人参茶(ヒュウガトウキ茶)
  1. ホーム  >  メダカワールド
  2.  > 【店長オススメ】日本製・インスリンの働きを増強させ血糖値を下げる作用の無農薬栽培の日本山人参茶(ヒュウガトウキ茶)

【店長オススメ】日本製・インスリンの働きを増強させ血糖値を下げる作用の無農薬栽培の日本山人参茶(ヒュウガトウキ茶)

アトピー自然療法のメダカの学校
http://www.medakanogakkou.jp/
さんのとても良い商品をご紹介しています。


日本山人参茶(ヒュウガトウキ)の根は医薬指定ですが、葉はお茶として一般に販売できます。
なぜ根が医薬品に指定されたのか?
それは【YN−1】(イソエポキシプテリキシン)が含まれていたからです。
この成分はインスリンの働きを増強させ血糖値を下げる作用あります。
ですから、その根は医薬品に指定されたのですが、後の研究によって葉には2倍の成分が含有されていることがわかったのです。
なんとポリフェノールは赤ワインの9倍も含まれています!

1.末梢血管拡張作用をともなう抗動脈硬化作用
2.抗糖尿病作用
3.抗炎症、抗アレルギー作用
4.強精作用をかねた抗ストレス作用
5. 免疫賦活作用と発ガンプロモーター発ガンプロモーター抑制作用

この無農薬栽培の日本山人参茶(ヒュウガトウキ茶)をお勧めします。
1包づつのティーバックとなっていますので、簡単便利に使いやすいです。



*お召し上がり方*
ティーパック一包をお好みで500ml〜1ℓの水に入れ沸騰させて、10分位程度煮だします、または急須に熱湯を入れてしばらく蒸らしてください。1日数回に分けて、お早目にお召し上がりください。



本製品に使用されている日本山人参は、岐阜で無農薬で栽培されています。根は医薬品に出荷した後、副産物として葉が残りましたので、その葉を使用してお茶を作りました。
販売者 有限会社サカエ
原産地日本
栄養成分表示
1包(3.5g)あたり
エネルギー13kcal
たんぱく質0.6g
糖質0.2g
炭水化物2.3g
ナトリウム1mg
食塩相当量0.0kg
日本製


日本山人参には有効成分が多く含まれているため、様々な効能があります。

日本山人参の効能その ΑΑ高血圧防止
一番有名な日本山人参の効能は高血圧防止作用です。体内でアンジオテンシン兇箸いκ質が増えると血圧が高くなりますが、日本山人参にはこのアンジオテンシン兇虜醉僂鰺淦し、高血圧の予防や改善に効果があることが分かっています。

日本山人参の効能その◆ΑΑε尿病回復
日本山人参の効能の一つに糖尿病を改善する効果があります。糖尿病には儀燭鉢況燭あり、日本山人参には況薪尿病を改善する効能があります。況薪尿病は血中の血糖値を調整するインスリンの働きが悪くなり引き起こされます。日本山人参には微量ミネラルの亜鉛や鉄、ナトリウム、リン、カリウム、銅、マグネシウムと必須ビタミンのビタミンCやビタミンEなどが含まれており、これらがインスリンの働きを活性化して高め、血中のコレステロールや中性脂肪を下げ、その結果血糖値を下げる働きがあることが分かっています。

日本山人参の効能その・・・動脈硬化予防
日本山人参には血液を固まり難くさせる働きの血小板凝縮抑制作用があります。血液がドロドロの状態になると凝固し血栓が出来やすくなります。日本山人参には、この血液がドロドロの状態を改善しサラサラにする効果があります。その結果動脈硬化を抑制し、動脈硬化から起こる合併症(心筋梗塞、脳梗塞、心不全、腎不全)を予防する効果が期待できます。

日本山人参の効能そのぁΑΑΥ梁”族善効果
日本山人参には、アルコールや脂肪分の過剰摂取による肝臓の過酸化脂質の代謝を促進して蓄積を防ぎ、肝炎を予防する効果があります。B型肝炎やC型肝炎の患者にも治療と併用して日本山人参を与えた場合に肝炎の改善がみられました。

日本山人参の効能そのァΑΑ抗アレルギー、抗炎症効果
日本山人参は各種ミネラル分を有しており、アレルギー反応を引き起こすロイコトリエンの活性を抑制する働きがあります。この効能によりアレルギーやアトピー、ぜんそくに関連した症状を軽減する効果が認められています。

日本山人参の効能そのΑΑΑΩこり、頭痛、冷え性、肌荒れ緩和効果
日本山人参にあるノルアドレナリン抑制効果や血液循環の改善などにより、血管が拡張し、血液の循環が改善されるので肩こりや頭痛の予防、冷え性のや肌荒れの改善が確認されています。

日本山人参の効能そのАΑΑΕン予防や進行遅延効果
日本山人参にはマクロファージやナチュラルキラー細胞(NK細胞)、キラー細胞などの免疫細胞を活性化してガンの進行の原因となる発ガンプロモータの抑制効果が認められています。免疫力を高めるので抗がん剤の効きにくい食道がんや胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん、卵巣がん、肝臓がん、膵臓がんなどに他の漢方薬と併用すると効果を発揮します。

日本山人参の効能その─ΑΑΔ修梁
抗酸化作用が高く細胞の老化防止の効能があります。
ーーーーー
ヒュウガトウキはセリ科の植物で、朝鮮人参(高麗人参)はウコギ科の薬草です。朝鮮人参(高麗人参)はすでに有名であり高価な生薬です。その有効成分は詳しく研究されていて、臨床応用も広く一般的に体にいいと認知されています。

それに対してヒュウガトウキは知られ初めて30年ほどであり、まだまだ十分な研究がなされているとは言えませんが、その薬効は朝鮮人参と比較してもかなり共通した作用がみられます。

ただし大きな差が一つだけあり、朝鮮人参(特に白参)は血圧を上昇させる傾向があるのに対し、ヒュウガトウキには血圧を下げる作用が証明されていることです。

この血圧低下作用は高血圧状態にのみ現れ、血圧の正常な人や低血圧の人には現れません。これはヒュウガトウキに限らず生薬や漢方薬に共通する特徴で、現代西洋医薬品のようにどんな人の血圧も下げてしまう、あるいは下げすぎてしまうということがありません。

日向当帰(ヒュウガトウキ)の根については、前述の通り生薬のリストに加えられた医薬品ですので、健康食品に使用することはできません。日向当帰(ヒュウガトウキ)は根と同様様々な成分が含まれている葉及び茎を原料とし、茶は100%、日向当帰(ヒュウガトウキ)葉及び茎のみを原料として生産しています。

ところで、この生薬や生薬を組み合わせた漢方薬と西洋薬の違いをご存じでしょうか。

私たちが一般に薬と呼んでいるものはいわゆる西洋薬です。

西洋薬は生薬などから有効成分を抽出したものですので、効き目が強く即効性がありますが、1つの症状にのみに対して効き目があり、副作用の懸念もあります。

それに対して生薬は素材が丸ごと使われているため、効き目が西洋薬に比べ穏やかではありますが、1つの生薬で様々な症状に対する効果が見込めます。有効成分以外にも様々な成分が含まれているためです。また副作用も生薬の種類によっては皆無ではありませんが、西洋薬に比べ大変弱いものがある程度です。

またこの生薬を組み合わせた漢方薬は、その組み合わせにより様々な効果を発揮します。

日向当帰(ヒュウガトウキ)はあくまで健康食品ですが、原材料をそのまま使用していますので、様々な症状に対して効果を発揮しても決して不思議ではないのです。
日向当帰(ヒュウガトウキ)の根については、平成14年11月に厚生労働省によりその薬効が認められ、医薬品として生薬のリストに加えられました。すなわち朝鮮人参やウコンなどと同じように生薬として認知されたのです。

ちなみに「イヌトウキ」はこれまで薬効が検討されたり、生薬として用いられた形跡はありません。

また日向当帰(ヒュウガトウキ)の葉については、生薬としての認定はされていませんが、根と同様様々な成分が含まれており、また、ヒュウガトウキの薬効の主役である「YN-1」という有機化合物が根よりも葉に多く含まれることがわかっています。

この「YN-1」をはじめ日向当帰にはほかに、「イソプテリキシン」「アノマリン」という3種類の有機化合物が発見され公表されていますが、明治薬科大学の奥山教授らのグループが第4の化合物を発見して、現在はどのような薬理作用を持っているのか研究が進められています。
不老長寿の神草「ヒョウガトウキ」

●「急性毒性実験」でまったく異常なし

  ではヒョウガトウキにはどのような薬効があるのでしょうか。ヒョウガトウキの根には、主に4種類の化合物が含まれています。YN-1(イソエポキシプテリキシン)、

  アノマリン、イソプテリキシン、アンゲロイロキシーイソプチりロキシ‐デイハイドロセセリンなどです。いずれも、クマリン系の化合物です。

  ヒョウガトウキの秋の熟成葉には、薬効の主体をなすと考えられるYN-1 が根よりも多く含まれているが、他の成分はごく微量です。ヒョウガトウキの薬効は

  多くの大学で研究され、その成果は「和漢医薬学会」や「日本生薬学会」で発表されています。ある物質を薬として用いようとする場合、それを大量に使うと

  生物の全身にどんな影響が現れるかという「急性毒性実験」が、最初に行われます。 ヒョウガトウキの動物実験の結果、急性毒性試験では「全く異常なし」

  とされ、「LD50」(実験対象となった動物の半分が死亡するに至る薬の量)検査でも安全性が証明され、薬用として用いれば「上薬」となりうることが

  明らかにされた。その後今日まで薬用活性物質の探求が並行して行われてました。その成果のいくつかを述べます。



  ★肝障害をヒョウガトウキが予防

  ヒョウガトウキは過酸化脂質による肝障害を予防する作用のあることが証明されています。証明方法として、トウモロコシ油を180℃で加熱しながら酸素を

  約1時間吹き込み続けます。すると、トウモロコシ油のなかの過酸化脂質が約10倍に増えます。この過酸化脂質を大量に含む油を、ネズミに3mℓ/日ずつ

  11日間飲ませます。その結果、肝障害を起こすと上昇する血液中のGOT、GPTの値が明らかに上昇し、肝臓に過酸化脂質やコレステロールが増加してきます。

  脂肪肝といわれる肝障害が発現してくるのです。この時、ヒョウガトウキを、体重1kgにつき100〜200mg投与すると、血清GOTの低下傾向や、肝臓に付着した

  過酸化脂質とコレステロールの低下が起こります。この実験からは、過酸化脂質による肝障害をヒョウガトウキが予防すると考えられるのです。

  過酸化脂質と言う物質は、血管の内膜にある内皮細胞を傷害して動脈硬化を助長すると言われている物質です。恐ろしいことに現在ではこの物質が、

  私たちの食生活にどんどん入り込んでいるのです。例えば、食品を冷蔵庫に入れて冷凍保存しておくと、その食品中の不飽和脂肪酸が酸化される為に

  過酸化脂質が増えてきます。1ヶ月の冷凍保存によって、食品中の過酸化脂質は10倍にまで跳ね上がると言う実験結果もあります。現代の食生活は、

  好むと好まざるとに関わらず、過酸化脂質を過剰にとってしまう環境下にあるといえるでしょう。その意味で、ヒョウガトウキの過酸化脂質低下作用は、

  肝障害や動脈硬化の進行を阻止する可能性を示唆しているともいえます。

  ★動脈硬化の防止作用と、血圧安定作用

  ヒョウガトウキの中にはノルアドレナリン(交感神経抹消の伝達物質)の作用を抑制し、細動脈の収縮を抑える働きを持つ物質のあることが分かっています。

  この物質は、抹消組織のインシュリン作用をなんら阻止することがないばかりか、脂肪細胞内のグルコースからの脂肪合成を、インシュリンの働きで増強します。

  高血圧の原因の1つは、活性型アンジオテンシンと言う物質が体内で増加することです。その結果、非常にはっきりとした強い血管平滑筋収縮作用と

  アンドステロン分泌が起こり、高血圧症が発生します。その為、現在では高血圧症の治療にアンジオテンシン変換酵素阻害剤が多く用いられています。

  ヒョウガトウキには、現代医学で降圧剤として用いられている、このアンジオテンシン変換酵素阻害物質を含んでいることが証明されています。

  動脈硬化の防止作用と相まって、ヒョウガトウキは血圧を安定化させるのです。他にも、インシュリンの作用を増強させる働きもある実験結果もあります。

  ウイスター系の雄ネズミから副睾丸を取り出して、その中の脂肪組織を分離精製したものに、放射活性を持ったブドウ糖を加え、脂肪組織内に取り込まれた

  放射性グルコースの量を測ります。そのことで、インシュリンの作用を測定します。その結果、脂肪組織内のグルコースからの脂肪合成は、インシュリンの

  添加によって著しく上昇することが分かりました。また、インシュリンを加えない状態でヒョウガトウキを添加すると、脂肪合成は見られませんが、インシュリンを

  加えてから更にヒョウガトウキを添加すると、統計学的に有意に脂肪合成が見られました。この成果からは、抹消組織内でインシュリンの作用を増強する

  働きのある生理活性物質が、ヒョウガトウキにあることが分かります。

平成14年に「日本山人参」の根が厚生労働省によって生薬として認定されました。

含まれる有効成分【YN−1】(イソエポキシプテリキシン)には

インスリンの働きを増強させ血糖値を下げる作用があります。

この【YN−1】ですが近年の研究により、秋になって成熟した

葉に、根より2倍も多く含まれている事が確認されたのです。

型番 m02
在庫状況 ×在庫なし
購入数

売り切れ

Recommend Item

おすすめ商品の紹介テキストを記載します。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
シゼンカイキ Web Shop/私たちは一万年前から、麻とともに生きてきました
シゼンカイキ Web Shop by Yasue
Face BookFace Bookのページへ

ブログ更新がなかなか出来ませんので ぜひフェイスブックページもご覧ください。
店長日記
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2018年2月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728
営業時間は昼12時から午後5時までとさせていただきます。
Mobile Shop
QR